アロマ

エッセンシャルオイル(精油)の作用と効果【数えたら32あった】│こころとからだに効くぅっ!

エッセンシャルオイルの32の作用と効果エッセンシャルオイルの作用と効果。数えたら…32あった!?

エッセンシャルオイル(精油)の作用っていっぱいあるみたいだけど、どんな効果があるのかな?

どれくらいの作用の種類があるのかも知りたいな。

という疑問にお応えします。

アロマ男子のたいが(@working_rev)です。

エッセンシャルオイル(精油)にはさまざまな作用があります。

たいが
たいが
ぼくもいくつあるか数えたことなかったよ

今回、エッセンシャルオイル(精油)がもたらしてくれる作用や効果を数えてみました。

作用の数なんと32!

数えてみてびっくりしました。

この記事ではこころとからだに分け、それぞれの作用についてまとめています。

たいが
たいが
もし忘れてるのがあったらまた書き足していくよ

エッセンシャルオイル(精油)の効果は現在の日本では医療行為としては認められていません。

あくまでサポート的な役割という認識でお読みください。

エッセンシャルオイルの瓶を持つ女性
アロマテラピーの基礎知識│初心者は「ふわっ」と理解しておこう「アロマテラピー」と聞くとちょっと難しそうな印象をもってしまいませんか?日々の生活に取り入れるなら、アロマテラピーについて「ふわっ」と理解しておくだけで十分。抑えておくべきポイントを紹介します。...
当記事の内容はこちら

エッセンシャルオイル(精油)の作用・効果がわかる

エッセンシャルオイル(精油)の作用・効果

エッセンシャルオイル(精油)の作用は、こころとからだへの作用があります。

  1. こころへの作用
  2. からだへの作用

引用:アロマテラピーの基礎知識│初心者は「ふわっ」と理解しておこう

それぞれへの作用や効果についてまとめていきます。

Sponsored Links

①こころへの作用・効果

まずは、こころへの作用と効果です。

こころへの作用には、このようなものがあります。

  1. 抗うつ作用
  2. 催淫作用
  3. 催眠作用
  4. 鎮静作用
  5. 神経刺激作用

です。

ヨメちゃん
ヨメちゃん
もうちょっと詳しくして

それぞれの作用を簡単に解説しながら、その作用をもっているエッセンシャルオイル(精油)をいくつかご紹介しますね。

たいが
たいが
紹介するエッセンシャルオイル(精油)は有名で手に入れやすいものを紹介するよ

(1)抗うつ作用

抗うつ作用は、憂うつな気分を明るくし、気分を高める、高揚させてくれるような作用です。

  • ラベンダー
  • イランイラン
  • ベルガモット

など

(2)催淫作用

セクシャルな欲を高める作用のことをいいます。

  • イランイラン
  • ジャスミン
  • ローズ

など

(3)催眠作用

眠気を誘う作用です。

  • スィートオレンジ
  • ラベンダー
  • カモミールローマン

など

(4)鎮静作用

興奮や気持ちの高まりを鎮めてくれる作用です。

  • スウィートマジョラム
  • ラベンダー
  • ベチバー

など

(5)神経刺激作用

神経を刺激してくれる作用です。

リフレッシュしたいときに効果的。

  • レモン
  • ローズマリー
  • バジル

など

ヨメちゃん
ヨメちゃん
作用ってこんなにあるんだ
たいが
たいが
まだまだあるよ。きっとちょっとびっくりするよ

②からだへの作用・効果

続いて、からだへの作用をご紹介します。

たいが
たいが
メモを見たら、いっぱいあったんだ
  1. 強壮作用
  2. 子宮強壮作用
  3. 通経作用
  4. 血圧降下作用
  5. 血行促進作用
  6. 免疫促進作用
  7. 殺菌作用
  8. 消毒作用
  9. 癒傷(ゆしょう)作用
  10. 鎮痛作用
  11. 収斂(しゅうれん)作用
  12. 細胞成長促進作用
  13. 去痰(きょたん)作用
  14. 胆汁促進作用
  15. 健胃作用
  16. 整腸作用
  17. 消化器系強壮作用
  18. 消化促進作用
  19. 駆風(くふう)作用
  20. 抗ウイルス作用
  21. 抗炎症作用
  22. 抗菌作用
  23. 抗真菌作用
  24. 抗バクテリア作用
  25. 抗リウマチ作用
  26. 抗けいれん作用
  27. 鎮けい作用
ヨメちゃん
ヨメちゃん
難しい言葉がたくさん

カンタンに説明してほしい。カンタンに

順番にカンタンに説明を加えていきますね。

たいが
たいが
覚える必要はないし、気になるものだけ読んでね

(1)強壮作用

からだを丈夫で元気な状態にする作用です。

機能や能力を向上させる作用ももっています。

  • カモミール・ローマン
  • レモングラス

など

(2)子宮強壮作用

子宮の働きを強く、丈夫で元気な状態にする作用です。

  • ジャスミン
  • クラリセージ

など

(3)通経作用

月経を促す作用です。

また、月経期間を整える作用もあります。

  • クラリセージ
  • ジャスミン
  • フェンネル

など

(4)血圧降下作用

血圧を低くする作用です。

  • イランイラン
  • スウィートマジョラム
  • メリッサ

など

(5)血行促進作用

血液の流れを促す作用です。

  • ジュニパー
  • ブラックペッパー
  • ジンジャー

など

(6)免疫促進作用

免疫力を高める作用です。

  • ティートリー
  • レモン

など

(7)殺菌作用

細菌とたたかって、細菌をたおす作用です。

  • ラベンダー
  • グレープフルーツ
  • レモン

など

(8)消毒作用

細菌などからの感染を防ぐ作用です。

  • スウィートオレンジ
  • ティートリー
  • グレープフルーツ

など

(9)癒傷(ゆしょう)作用

傷の治りを良くする作用です。

  • ラベンダー
  • ベンゾイン
  • カモミールジャーマン

など

(10)鎮痛作用

痛みを和らげる作用です。

  • カモミールジャーマン
  • スウィートマジョラム
  • ラベンダー

など

(11)収斂(しゅうれん)作用

からだの組織を引き締め、収縮・結束させる作用です。

  • ジンジャー
  • シナモン
  • レモングラス

など

(12)細胞成長促進作用

皮膚細胞の成長を促進する作用です。

  • フランキンセンス
  • ネロリ
  • ラベンダー

など

(13)去痰(きょたん)作用

のどにからむ痰(たん)を取り除く作用です。

  • ティートリー
  • タイム

など

(14)胆汁(たんじゅう)促進作用

肝臓で生成される胆汁の分泌を促進する作用です。

  • ラベンダー
  • レモン
  • ペパーミント

など

(15)健胃作用

胃の不調や不快感を緩和し、正常な状態にする作用です。

  • スウィートオレンジ
  • バジル
  • フェンネル

など

(16)整腸作用

腸の働きを整え、正常な状態にする作用です。

  • スウィートオレンジ
  • ジンジャー
  • レモン

など

(17)消化器系強壮作用

消化器系の器官を丈夫で元気にする作用です。

  • ジンジャー
  • レモングラス
  • シナモン

など

(18)消化促進作用

消化を促す作用です。

  • ベルガモット
  • グレープフルーツ
  • マンダリン

など

(19)駆風(くふう)作用

腸内にたまったガスを排出するのをたすける作用。

  • ペパーミント
  • ジンジャー
  • フェンネル

など

(20)抗ウイルス作用

ウイルスを抑制する作用です。

  • ティートリー
  • ユーカリ

など

(21)抗炎症作用

炎症の悪化を防ぐ作用です、

  • カモミール・ジャーマン
  • ラベンダー

など

(22)抗菌作用

細菌からからだを守る作用

  • ティートリー
  • ユーカリ

など

(23)抗真菌作用

真菌(空気中に漂っているカビ)からからだを守る作用です。

  • ティートリー
  • ユーカリ
  • ゼラニウム

など

(24)抗バクテリア作用

バクテリアの繁殖を抑制する作用です。

  • レモン
  • タイム

など

(25)抗リウマチ作用

リウマチの症状を軽減するのをサポートする作用です。

  • ジンジャー
  • タイム
  • ジュニパー

など

(26)抗けいれん作用

けいれんを抑える作用です。

  • ラベンダー
  • クラリセージ

など

(27)鎮けい作用

けいれんを鎮める作用です。

  • ローズマリー
  • サイプレス
  • ペパーミント

など

心得│エッセンシャルオイル(精油)の作用・効果

ヨメちゃん
ヨメちゃん
エッセンシャルオイル(精油)の作用ってすごいたくさんの種類があるんだね。ちょっと調子悪くても、もう薬に頼らないでもいけるかも!!
たいが
たいが
その考え方はちょっと注意が必要なんだ

繰り返しになってしまいますが、大事なことです。

エッセンシャルオイル(精油)は現在の日本では治療行為としては認められておりません。

仮に今、服用している医薬品があったとしてもエッセンシャルオイル(精油)にすべて切り替えることをおすすめしているわけではありません。

あくまで、サポートとしてエッセンシャルオイル(精油)を利用するよう心がけてください。

何かしらの医薬品を服用している場合は、皮膚(肌)に直接塗るのではなく、「香り」を楽しむくらいにとどめておくことをお勧めします。

まとめ│エッセンシャルオイル(精油)の作用・効果

この記事では、エッセンシャルオイル(精油)の作用についてまとめました。

アロマテラピーの目的は、「元気に毎日をすごせるようにすること」です。

あなたの体調や今の環境で会うものを選んでくださいね!

たいが(@working_rev)