アロマ

エッセンシャルオイル(精油)ってなに?アロマオイルとの違いは?│詳しく解説

エッセンシャルオイルの基本を解説エッセンオイルの基礎知識を網羅的に解説する

アロマテラピーにはエッセンシャルオイル(精油)が欠かせないらしいけど、そもそもエッセンシャルオイル(精油)って何?

アロマオイルやフレグランスオイルとは違うの?

詳しく知りたいな。

という疑問にお応えします。

アロマ男子のたいが(@working_rev)です。

たいが
たいが
いい質問だねえ。詳しく話してもいいかな?(ウズウズ)

エッセンシャルオイル(精油)はアロマテラピーに欠かせません。

ですが、世の中には「〇〇オイル」と呼ばれるものがいくつも販売されています。

  • エッセンシャルオイル(精油)
  • アロマオイル
  • フレグランスオイル

など…さまざまです。

価格も安価なものから高価なものまであります。

安全に使う上では知っておきたい内容です。

たいが
たいが
一度読んでおけば「ふわっ」と理解するには十分だからね

結論だけ先にお伝えすると、

エッセンシャルオイルは天然100%のもので、

アロマオイルやフレグランスオイルなどの他のオイルは合成のオイルです。

この記事で解説していきますね。

当記事の内容はこちら

エッセンシャルオイル(精油)についてわかる

エッセンシャルオイル(精油)と他のオイルの違いがわかる

エッセンシャルオイル(精油)ってそもそもなに?│そのほかのオイルとの違いも紹介

「〇〇オイル」と呼ばれるものはさまざまあります。

  • エッセンシャルオイル(精油)
  • アロマオイル
  • フレグランスオイル

など、さまざまです。

それぞれの違いをカンタンにご紹介しますね。

Sponsored Links

エッセンシャルオイルとは

エッセンシャルオイル(精油)は植物の良いところを「これでもかっ!」と凝縮した100%天然のものです。

たいが
たいが
化学的なものは一切入っていない混じりっけなしの純度100%のピュアオイル

植物のなかには分泌腺と呼ばれる部位があります。

エッセンシャルオイル(精油)は分泌腺周辺の油胞という小さな袋に蓄えられています。

油胞のある場所は植物によって違います。

たとえば、

  • 葉っぱの表面の近くだったり
  • 果実の表皮近くだったり

植物によってさまざまです。

この違いにより、エッセンシャルオイル(精油)の製造方法(抽出方法)が違うと言われています。

また、それぞれの植物がもっている有効な成分も違います。

有効な成分をそれぞれの植物がどれくらい持っているのかによって香りや作用の特徴が分けられています。

たいが
たいが
エッセンシャルオイル(精油)にはそれぞれの個性があるっておさえておけば大丈夫だよ!

価格も純度100%のオイルですので、中~高価格で設定されることが多いです

アロマオイルとは

アロマオイルはエッセンシャルオイル(精油)と成分に違いがあります。

エッセンシャルオイル(精油)は植物の良さをぎゅっと凝縮したものであるのに対し、

アロマオイルは植物(花•果実•果皮•葉•樹脂etc…)+合成オイル

もしくは合成オイルのみで、構成されています。

ヨメちゃん
ヨメちゃん
どういうこと?

どういうことかというと

植物に合成の香料を足しているか、合成の香料のみでその香りのようなものにしていることです。

たいが
たいが
誤解をおそれずに言うと「ニセモノ」だね

たとえば、シャンプーや石けんに「〇〇の香り」のような表記を見かけることはありますよね?

ああいったものは合成の香料を使っていることが多いです。

アロマオイルは雑貨屋さんなどでも販売をしてるし、価格も非常に安価なものからあります。

まとめ│エッセンシャルオイル(精油)とその他のオイルは使い方しだい

ヨメちゃん
ヨメちゃん
悪いことばっかなの?

そんなことはありません。

アロマオイルも使い方しだいです。

好き嫌いはありますが合成のオイルもいい「香り」であることは変わりません。

ですので、たとえば「香りだけを楽しみたい」のであれば、それでもいいでしょう。

ただ、皮膚(肌)につけたりするのは絶対に避けるべきです。

アロマバスやアロママッサージなど希釈したとしても、ぼくはおすすめできません。

エッセンシャルオイル(精油)の製造方法

エッセンシャルオイル(精油)の製造方法は植物によってさまざまですが、代表的な3つの方法があります。

  1. 水蒸気蒸留法
  2. 圧搾法
  3. 溶剤抽出法

です。

たいが
たいが
植物の個性をぎゅぎゅぎゅっと凝縮するためにそれぞれに適切な方法がとられているんだ
エッセンシャルオイルのボトル
エッセンシャルオイル(精油)の製造方法【3つある】│抽出の流れを知ればもっと身近にエッセンシャルオイル(精油)を抽出する方法は3つあります。水蒸気蒸留法・圧搾法・溶剤抽出法です。この記事でそれぞれの抽出方法の流れを知っておきましょう。...

エッセンシャルオイル(精油)はどこで買っても同じ?

エッセンシャルオイル(精油)はいろいろなお店で販売されています。

ヨメちゃん
ヨメちゃん
ラベンダーの香りが結構好きかもなんだけど、同じ植物だったら同じ効果があるって思っていい?

実は違います。

たいが
たいが
どれが良くて、どれが悪いとはカンタンには言えないんだ

ワインを例に考えてみましょう。

フランスの赤ワインとチリの赤ワインは同じ品種のブドウでも産地によって色や味が違いますよね?

ヨメちゃん
ヨメちゃん
フランスの赤はどっしりしてておいしいけど、チリの赤ワインはさらっとしてて…これもおいしいよねえ

つまり、好き嫌いの嗜好の話なんです。

エッセンシャルオイル(精油)もこれと同様で、どちらが良くて、どちらが悪いとは一概に言えないんです。

ラベンダーは世界中で栽培されていますが、気候や風土によってエッセンシャルオイル(精油)の質も違ってきます。

たいが
たいが
超細かく言うと、同じ土地で育ったラベンダーでも年によって出来は違うよ。自然のものだからね。それもアロマテラピーの楽しみのひとつなんだ

はじめのうちはいろいろ試してみて、自分の好みに合うものを見つけるのがいいでしょう。

エッセンシャルオイル(精油)の香りのタイプ

エッセンシャルオイル(香り)のタイプは7つに分類できます。

  1. 柑橘(かんきつ)系
  2. フローラル系
  3. エキゾチック系
  4. ハーブ系
  5. スパイス系
  6. 樹木系
  7. 樹脂系

です。

それぞれ個性をもっています。

たいが
たいが
「みんな違って、みんないい」なんだ

エッセンシャルオイル(精油)の香りのタイプ【7つある】│特徴を知って合うものを見つけよう

エッセンシャルオイル(精油)の作用・効果

エッセンシャルオイル(精油)の作用はさまざまあります。

個々で見ていくとわかりづらくなってしまうので、まずは「ふわっ」と大枠で分けます。

作用は2つ。

  1. こころへの作用
  2. からだへの作用

です。

気分を落ち着かせることもできれば、気持ちを高ぶらせることもできます。

からだの機能を高めてくれるエッセンシャルオイル(精油)もあります。

たいが
たいが
今の日本では「治療行為」ではなく、サポート的な役割ってこともおさえておいてほしいんだ
エッセンシャルオイルの32の作用と効果
エッセンシャルオイル(精油)の作用と効果【数えたら32あった】│こころとからだに効くぅっ!エッセンシャルオイル(精油)にはこころ・からだへの作用がたくさんあります。数えてみたら【32】もありました。作用の簡単な解説とその作用をもたらすエッセンシャルオイル(精油)をまとめています。...

エッセンシャルオイル(精油)の使い方

エッセンシャルオイル(精油)の使い方はとり入れ方を参考にするとわかりやすいです。

エッセンシャルオイルのとり入れ方は

  1. 鼻から
  2. 肺から
  3. 皮膚から

でしたね。

使い方もこの3つのルートを利用します。

たとえば、こんな方法があります。

  • ティッシュペーパー・コットン
  • マグカップ
  • スチーム(蒸気欲)
  • ディフューザー
  • スプレー
  • 掃除
  • 湿布
  • バス(お風呂)
  • マッサージ
  • クリーム(軟膏)
  • コロン(香水)

など利用方法はさまざまです。

ヨメちゃん
ヨメちゃん
アロママッサージって気持ちいいよねえ。至福♡
essentialoil-hand
エッセンシャルオイル(精油)の使い方│【基本+番外編】バリエーションはさまざま!エッセンシャルオイル(精油)の使い方は多種多様。ですが、基本をおさえておくことはとても大切です。この記事では基本の使い方と番外編のアイディアを書いています。...

エッセンシャルオイル(精油)の注意点

エッセンシャルオイル(精油)には扱う上での注意点もあります。

  • 直接肌につけないこと(つけるときは希釈して使うこと)
  • 直接塗布するときは事前にパッチテストをすること
  • 飲まないこと
  • 作用や効果・効能を知っておくこと
  • 病気治療の代替にはならないと理解しておくこと
  • 1歳以下の子どもには使わないこと
  • 使用期限を守ること
  • 冷暗所で保管すること
  • 火気に注意

などがあります。

ヨメちゃん
ヨメちゃん
安心して使うためにも注意しておかないとね
エッセンシャルオイルのリスクをおさえておこう
エッセンシャルオイル(精油)の注意点【9つある】│リスクを知って安心・安全に楽しもうエッセンシャルオイル(精油)はこころとからだの健康にとっても役立つものですが、注意点やリスクをおさえておかないと危険も潜んでいます。9つのポイントで注意点をまとめました。...

使うときに注意が必要なエッセンシャルオイル(精油)

エッセンシャルオイル(精油)には作用や効果・効能があるので、使い方を間違えるとトラブルを起こしかねません。

下記に該当する方には、注意する必要があるエッセンシャルオイル(精油)があります。

  • 妊娠中(とくに妊娠初期は注意)の方
  • 生理中の方
  • 1歳以下の子ども(乳幼児)
  • 敏感肌の方
  • 高血圧の方
  • てんかんの方
たいが
たいが
体調や体質によって使用を控えた方がいいエッセンシャルオイル(精油)もあるからね

まとめ│エッセンシャルオイル(精油)の特徴を知って、安心・安全に利用しよう

アロマテラピーに欠かせないエッセンシャルオイル(精油)について書いてきました。

エッセンシャルオイル(精油)の特徴を知って、安心・安全に利用しましょう!

基礎的な知識をおさえておけば、アロマテラピーの可能性を最大限に活かすことができますよ!

たいが(@working_rev)