息抜き

「息抜き」と「手抜き」を使い分けよう!│頑張るサラリーマンが理解すべき2つの違い

息抜きと手抜きが使い分けられる人の机「息抜き」と「手抜き」を使い分けよう

息抜きと手抜きの違いってなに?

息抜きはしたいけど、手抜きだと思われたらいやだな…。

という疑問にお応えします。

おつかれさまです。複業リーマンのたいが(@working_rev)です。

息抜きはよく誤解されます。

息抜きをいけないことだと思っていたり、わるい印象をもっている方はおそらく、サボりなどと混同して考えてしまっているのです。

たしかに、上司や同僚など、他の人から見たときの見た目は「仕事をしていない」状態ですが、その意味合いは大きく違います。

ぼく自身も最初は違いがあまりよく分かっておらず、

「これは息抜きなの?」

「あれ?これ手抜き?」

と自分でもよくわからなくなっていたことがあります。

きっと誰しもが通る道なので、安心してください。

おそらく、「手抜き」と思われたくないのは、普段からあなたががんばって仕事をしているからでしょう。

この記事では息抜きと手抜きの違いを明らかにして、すこしでも息抜きできるようになってもらえたらいいなと思います。

ここにボックスタイトルを入力

・「息抜き」と「手抜き」の違いがわかる

息抜きと手抜きの違いとは

では、「息抜き」と「手抜き」の違いを見てみましょう。

「手抜き」の意味とは

「息抜き」を一言で表すと、「効率よく仕事をするために、リフレッシュの時間をとること」です。

息抜きの意味についてはこちらの記事で詳しく書いていますので、こちらをご覧ください。

ちょっと休憩するサボり気味の営業マン
「息抜き」と「サボり」の違いって何?│見た目は同じだけどこんなに違う!を解説「息抜き」と「サボり」の違いをあなたは説明できますか?この説明ができないあなたは、もしかしたら息抜きが苦手かもしれません。この記事では、2つの違いと「息抜き」はいい仕事をするためにもとるべき!という理由を解説しています。...

では、「手抜き」にはどんな意味があるのでしょうか?

大きく2つの意味がありました。

て‐ぬき【手抜き】

[名](スル)
 しなければならない手続きや手間を故意に省くこと。「仕事を手抜きする」「手抜き工事」
 囲碁・将棋で、普通なら応手すべき所を省いて他の好所に着手すること。
 仕事の手が休まること。暇になること。
「一旦はいかにも―のなるものなれども」〈浮・新永代蔵・三〉

ヨメちゃん
ヨメちゃん
いろんな意味があるんだね

「手抜き」という言葉が1番よく使われるのは、1の意味ですね。

きっとあなたもこのイメージが強いのではないでしょうか?

しなければいけないことを故意に省くのは、明らかにダメなことです。

ただ、2の意味ならば手抜きすることは戦略上いいこととも解釈できます。

Sponsored Links

まとめ│「息抜き」と「手抜き」は全く意味が違う

「息抜き」と「手抜き」の意味の違いについてみてきました。

ヨメちゃん
ヨメちゃん
まったく意味が違うってことがよくわかった

「息抜き」と「手抜き」はがんばるサラリーマンに必須

毎日仕事をがんばっているサラリーマンにとって、「息抜き」と「手抜き」はどのように活用すべきなのでしょうか?

「息抜き」はサラリーマンに必須

サラリーマンにとって「息抜き」はオアシスのような時間です。

仕事のやる気がすごく高くても、24時間365日仕事のことを考え続けられるような人はいません。

きっとどんなに好きな仕事でも疲れてしまうはずです。

カフェで仕事について語る人たち
モチベーションが高くても息抜きは必須│理由と方法を解説モチベーションが高いとき、息抜きは必要でしょうか?その答えは【必要】です。その理由とモチベーションが高い十時ならではの息抜き方法を紹介しています。...

「手抜き」もサラリーマンに必須

先ほどの辞書の「手抜き」の意味を思い出してみてください。

1の意味での「手抜き」は明らかにダメと書きましたが、実は、「手抜きをしてもいい」こともあります。

手抜きには3つ意味がありましたね。

1は「しなければならない作業を省くこと」でした。これは大きな問題につながります。

ですが、2、3の意味はどうでしょうか。

2の意味、「他の好所に着手すること」はいけないこととはいえません。

これは逃げではなく、選択です。

よい結果を得るための戦略上の「手抜き」です。

3の意味は自分だけでなく、周りの環境もあるはずので、「暇になったら」ラッキーです。

ちょっとした「スキマ時間」があれば、息抜きに使えばいいのです。

まとめ│「息抜き」も「手抜き」もサラリーマンは大事にしよう

「息抜き」も「手抜き」。

どちらもサラリーマンには必須の時間です。

一緒に働く上司や同僚・部下とのコミュニケーションもとりながら、あなた自身の時間も作っていきましょう。

たいが(@working_rev)