ぱられぶ

よりよく働く アクションヒント

忙しいサラリーマンが「時間をつくる」ためにやるべきこと


Sponsored Links

はあぁ。時間がたりないなあ。

時間がないっていつも言ってるね。

忙しくって、いつも自分のことは後回しだよ。

 

あなたには普段の仕事をしている中で、どれくらい「自由な時間」がありますか?

 

仕事って「やらなければいけないこと」で溢れています。

 

副業を始める場合でもそうですし、ブログでサイト運営をはじめる場合もそうです。

これまでと違う何かを始めるときに、1番ほしいのは「時間」のはずです。

 

副業解禁時代。

「何か新しいことを始めたい!でもなかなかスタートが切れない。」

忙しいなかでも新しいことを始めようと思えるって、すごいことですよ。

そんなひとを応援したいと思い、時間の作り方についてまとめました!

f:id:working_rev:20181211211818j:plain

サラリーマンの時間の生み出し方。

 

時間をつくるためにやるべき2つのこととは? 

時間を作るために行う2つのことは

①目標を設定する

②仕事を見直す

です。

 

「当たり前じゃないか!」と思われるかもしれませんが、奇をてらった方法というものは実はありません。

 

「1日は24時間」これは誰しも平等で変わりません。

ですから、いかに時間をつくるかが新しいことを始めるときにまず大事になります。

 

そのための効果的な方法が、

・目標を設定すること

・仕事を見直すこと

の2つなのです。

 

では、始めていきましょう。

 

時間をつくるために①目標を設定する

これまでにないことを始める。

そこでまず大切になるのが、 「目標」をもつことです。

目標があることによって「新しいなにかを達成するための時間をつくろう!」と思えるようになります。

 

ただ、その目標をつくるときに注意してもらいたいことがあります。

 

このような目標はどうでしょうか?

 

有名になりたい!

不労所得で生きていけたら人生バラ色だ!

お小遣い程度でいいから、もう少し収入を上げたいな。

 

目標は目標なのですが、ざっくりとしすぎていて目標の達成を判断しづらくなってしまいますよね?

 

ですので、もう少し具体的にしてみましょう。

 

たとえば、先ほどの目標を具体的にするとしたら

有名になりたい!

→Twitterでフォロワー○万人!

→ブログ○万PV!

 

不労所得で生きていけたら人生バラ色だ!

本業の月収 = ブログの月収!

 

お小遣い程度で良いから、もう少し収入上げたいな

→毎月5万円の継続的な副業収入! など。

 

このように具体的な数字を用いた測定可能な目標を設定しましょう。

測定可能な目標をもつことで、自分の今の現在地や、優先的にやるべきことも分かるようになってきます。

 

さて、あなたの目標はなんでしょうか?

 

目標はあなたのモチベーションに直結する大切なものです。

 

目標なく時間を作ったとしても、ただYouTubeを見てしまったり、ぼーっとまとめ記事を眺めたりするだけになってしまいます。

 

まずはあなたのやる気スイッチをオンできるような目標をつくりましょう。

 

目標設定のまとめになりますが、設定する目標は大きなものでも小さなものでもかまいません。

ひとによって大きい小さいの基準は違いますから、「自分にしっくりくる目標」になっていること。これがいい目標です。

 

時間をつくるために②仕事を見直す

目標が設定できたら、仕事を見直します 

日々の仕事はやらなければいけないことで溢れています。

 

あなたは普段、どれくらいの業務をこなしているでしょうか?

すごく大切なあなたしかできない仕事から、他のメンバーやサポートの方におまかせしてもいいというような仕事までたくさんの業務があることでしょう。

 

そんなたくさんの仕事がある中で、時間を生み出す為にできることは、ふたつです。

・やらないことを決める。

・先回りして時間を確保する。

です。

 

時間をつくるために【やらないことを決める】

参考までに時間を生み出すうえで、やらなくてもいい代表的なことを記載していきます。

あなたのお仕事によって合うもの・合わないものがあるはずですので、そこはご自身の判断をお願いします。

 

判断いただき、あなたに合うものは実践してみてください。

やらなくてもいい代表的なことはこちらです。

 

・任意参加の会議・ミーティング
・個別提案の資料作成
・メンバーへの干渉
・事務処理
・たばこ
・会社の飲み会

 

しっくりくるものもあれば、これは...?というものもあることでしょう。

それぞれについて見ていきます。

 

【やらないことを決める】①任意参加の会議・ミーティング

「この会議は、ぼく(わたし)の参加が必要なの?」と思ってしまうような会議やミーティングは多くないでしょうか?

メーリングリストに入ってしまっているだけだったり、

Ccに自分の名前が入っているだけだったり、

必須参加でない会議やミーティングはとても多いものです。

こういった任意参加の会議やミーティングに律義に参加していると、時間をつくることは到底難しいでしょう。

 

この場合でいうと、仮にほかのメンバーが出ているなら特段出る必要もありませんし、もしもあなた自身が関わる必要があるなら会議に出席したメンバーから共有してもらい追いつくようにするなどフォローは十分に可能です。

 

任意参加の会議やミーティングには極力参加しないようにしましょう。

 

【やらないことを決める】②個別提案の資料作成

個別提案を喜ぶお客さま・お取引先もいます。これは事実です。

ですが、結局用意した話にならないことも多いのでないでしょうか?

「その話がしたい!」と強引に話題をもっていったとしてもお客さまから避けられてしまう可能性もありますし、ゴリゴリ営業をすれば不信感を持たれてしまう可能性もあります。

 

ですので、わざわざ個別提案の資料を準備するのではなく、トークで対応すると決めましょう。仮に稟議が必要な場合などは作成してからお取引先にメールで送信するなどの対応をすれば大丈夫です。作成した資料をもう一度お届けに伺うなどということも控えるべきです。

 

【やらないことを決める】③メンバーへの干渉

リーダーや課長など、チームや組織をマネジメントする立場になると難しくなるのが、メンバーへの干渉です。

 

ですが、がんばって意識すること・信頼して任せることがとても大事です。

まかせることの効果として、メンバーの成長があります。

つい気になって干渉してしまう気持ちはわかるのですが、そのままだとメンバーも「〇〇さんがいるから大丈夫」とつい上司を頼ってしまいます。

 

まかせることによって、メンバー本人にも責任感が生まれますし、本当にヘルプが必要なときはメンバーからも相談がくるようになります。

 

始めるときの注意点としては、あなたの中だけで急に始めないことです。

「これからはこうしていくね!」と共有しておくことであなたとメンバーの意思疎通もきるのでスムーズに移行することができます。

 

【やらないことを決める】④事務処理

事務処理をすべてやめるということは難しいでしょう。これはすべてをなくすのではなく、関わる時間を短くするが適切です。交通費の申請や事務処理の承認手続きなど会社で働いていれば処理しなければならないものはたくさんあるはずです。

とても大切なものなのですが、こういった処理に時間をとられることで業務時間を圧迫してしまいます。

ですので、こういったものはマクロなどをつかってExcelのフォーマットを作成することで、時間の短縮を図れます。

 

【やらないことを決める】⑤たばこ

これは人によりけりです。

「タバコミュニケーション」と言われるくらい、喫煙所でのコミュニケーションを大事にしているサラリーマンもいます。

ですが、今は愛煙家に厳しい世の中であることは間違いないです。

増税や健康・お金の使い方などの視点から見ても、やめるべきこととして挙げています。

 

【やらないことを決める】⑥会社の飲み会

サラリーマンにとって、業務時間内で削れる時間というのは限られています。

業務時間外で時間をつくることが一番時間を確保しやすいといえます。

必ず出なければならないようなオフィシャルの飲み会などもあるかもしれませんが、極力出ないようにすれば、その分、自由な時間を確保できるでしょう。

 

時間をつくるために【先回りして時間を確保する】

 

次に、先回りして時間を確保する方法についてです。

これは職種によって実行できる人、実行できない人がいそうですが…とくに営業マンやコンサルタント・マーケターさんなどは実行しやすいです。

逆に、事務職にとっては実行しにくいこともあります。

 

その方法とは、こちらです。

・空アポを入れる

・予定のブロック
・優先順位を決める決定権をもつ

 

【先回りして時間を確保する】①空アポをいれる

これは営業職の特権かと思いますが、空アポは時間をつくるうえでとても有効な方法です。

空アポもただ休憩するため、サボるためにとってしまっては本末転倒なのですが、もち次のアポイントの準備に充てれば有効な時間となります。もちろんこの時間をつかって複業の準備やアポイント設定、ランサーズなどのクラウドソーシングサイト出ている案件に対する提案の時間につかうことも可能です。

 

【先回りして時間を確保する】②予定のブロック

予定のブロックは空アポと同様ですが、少し違うのは、定期的に30分~60分ほどの時間を確保しておくことです。

この時間はミーティングのまとめや相談を受ける時間などとしておきます。

実はこの方法は副業以外にもメリットがあります。上司からの急な依頼やお客さまからのお申し出などどうしてもすぐに対応しなければならない案件があったときも優先的に時間を使うことができるようになります。

もちろん急な依頼がないときは、複業をするなどあなた自身の時間にすることも可能です。

 

【先回りして時間を確保する】③優先順位を決める決定権をもつ

明らかに緊急・重要ではないけど早くやってもらいたいことって降りかかってくることがありませんか?そういう依頼を受け続けていると、あなた自身の時間をつくることは難しいでしょう。

なぜなら、あなたにまかせたい仕事・お願いしたい仕事はたくさんあるからです。そして、その仕事は「あなたでなければならない」ということではありません。

 

ですので、そういったお願いや依頼をもらったときも「〇〇まで時間をもらえますか?」と猶予をもらえる関係を築くことで、優先順位を決められるようになります。

 

忙しいサラリーマンが「時間をつくるため」にやるべきこと│まとめ

ここまで、時間を生み出すためにできることについて書いてきました。

やらないことを決めながら、そして、スケジュールを先回りしながらこまごまと時間を生み出し続けていました!

できることから、ぜひやってみてくださいね!

あなたのアクションを応援しています!


たいが(@working_rev)

プライバシーポリシー お問合せ
Copyright ©2018 working-rev.com