ぱられぶ

よりよく働く アクションヒント

LENDY(レンディ)は個人事業主・フリーランスの強い味方!?│可能性を調べてみた。


Sponsored Links

・予期せぬタイミングでPCが壊れる。

・メディアに取り上げられた商品がドンドン売れる。もっと仕入れたい!

・急な設備トラブルで投資が必要。

 

個人事業主にせよ、フリーランスにせよ、自分自身でビジネスを行っている人にとって「お金」は生命線です。

ですが、

・家族や友人にお金を借りるのはちょっと...。

・事業性資金は、準備が面倒。

 

このような経験はありませんか?

 

「お金」というのはとても大事なものですが、「お金」の工面ができないだけで新しい事業やビジネスのチャンスを失ってしまうのは、

とてももったいないですし損ですよね。

 

そういった方に向けて、オンライン融資サービスのLENDYというものがあります。

本記事でご紹介します。

LENDYのページを表示する

 

結論から言うと、LENDYは個人事業主・フリーランスなどスモールビジネスのオーナーの強い味方と言えます。

 

LENDYとは

f:id:working_rev:20190128121624p:plain

LENDYはオンライン完結のビジネスローン。(出典:LENDYホームページより)

LENDYはインターネットで完結できるビジネスローンのことです。
100万円~500万円のスモールビジネスローンとして知られるようになってきたサービスです。

結論から言うと、個人事業主やフリーランサーの強い味方になってくれるサービスと言えるでしょう。

資金繰りは個人事業主・フリーランサーの生命線とも言えます。
備えあれば憂いなしです。

LENDYが個人事業主やフリーランサーの強い味方になってくれるであろう理由と
LENDYの使い方についてまとめました。

 

LENDYは個人事業主・フリーランサーの強い味方!?

まず、LENDYがなぜ、個人事業主やフリーランサーの強い味方になってくれるのかと結論付けたのか、
その理由から書いていきます。

 

ケース①フリーのデザイナーさんやエンジニアさん

パソコン1つで仕事をするデザイナーさんやエンジニアさん。
パソコンは仕事をするうえでの生命線です。
ですが、そのパソコンがいつまでもずっと使えるというわけではありません。


予期せぬタイミングでパソコンが動かなくなってしまう...。
そんなこともあるはずです。
必要なのは、ハイスペックなパソコン。


すぐに新しいパソコンを用意したいけど、取引先からの入金はまだだし...。
今のもらっている仕事の納期も近い...。


ケース②事業が軌道に乗ってきたネットショップを営む個人事業主オーナーさん

「1人でも運営できる」ことに惹かれて始めたネットショップ。
少しずつ成長してきたけど、今日TVで扱っている商品が取り上げられた!
閲覧人数は爆発的に伸び、もう商品があとちょっとしかない!!

在庫切れにするのはもったいない...
けど、この卸さんは前払い...
しかし、この機会は逃したくない!

 

ケース③念願の「自分のお店」を開いた美容室・ネイルサロンオーナーさん

「お金はかかったけど、夢だった自分のお店。これから大きく育てていくぞ!」というときに予期せぬ設備トラブル。

メーカーに問い合わせると、保証の範囲外...。

修理の見積もりをもらったら結構な費用がかかる...。


まとめ│LENDYは個人事業主・フリーランサーの強い味方!

f:id:working_rev:20190128121613p:plain

LENDYは個人事業主・フリーランスの強い味方!(参考:LENDYホームページより)

ケース①~③のように、事業にとっていいことが起こったときも予期せぬ悪いトラブルも突然起こるものです。

そして、事業を営む上では、やはり資金が必要です。

「お金の備え」をしておくことで、安心してビジネスを運営することもできるようになります。

 

LENDYが便利な理由

LENDYは申請から借り入れまでがスムーズで、
オンラインのみで完結できるビジネスローンです。

たとえば、
銀行や政策金融公庫から借り入れをしようとしたら、必要な資料の数も多く準備はかなり手間がかかります。
もちろん、審査にも時間がかかります。

でも、LENDYならパソコン・スマホで融資の申込が可能!

一刻を争うビジネスの現場でもとても頼りになるビジネスローンと言えるでしょう。

 

LENDYの使い方

LENDYの使い方は極めてシンプルです。
流れを解説します。

 

①アカウントを作成する

登録だけであれば、ほんの5分ほどで完了する手続きです。

LENDYのページを表示する

②銀行口座・オンラインデータ・決済サービスなどと連携する

LENDYの審査をおこなうには、銀行口座やオンラインの決済データ・決済サービスとの連携が必要です。

f:id:working_rev:20190128121620p:plain

LENDYはオンライン決済システム等と連携できる(参考:LENDYホームページより)

LENDYで現在連携ができるのは

■クラウド会計
・freee
・MFクラウド会計・確定申告
・弥生会計オンライン
・やよいの青色申告オンライン

■EC
・Amazon
・楽天
・STORES.jp
・BASE
・カラーミーショップ
・MakeShop
・Yahoo!ショッピング
・ショップサーブ
・おちゃのこネット
・FC2ショッピングカート
・Xcart
・easy my shop

■銀行
国内約2,600以上のオンラインバンク(個人・法人)

■評価サイト
・食べログ
・Retty

■POSレジ
・ユビレジ
・Airレジ
・スマレジ

■決済サービス
・Coiney
・Square
・Paypal
・PAY.JP
・Airペイ

■クラウドソーシング
・ランサーズ
・クラウドワークス

 引用:LENDYページより

たくさんありますね。

これらのなかの登録しているもの・すでに利用しているものなど、1つでも連携をさせれば融資の依頼は可能なようです。

ただ、該当するものが多ければ多いほど、お金の動きもわかりやすくなり、LENDY内での信用力も上がる仕組みのようです。

ですので、「少しでも多く融資を受けたい!」ということであれば、連消させるシステムは多ければ多いほど良いと言えるでしょう。(融資を受けるために新たに何かを登録するのは本末転倒ですが…)

③登録された情報を元にしてLENDYが自動で融資可能金額を分析して審査完了!

上記で登録した情報から自動で融資可能金額を分析してくれます。

 

④最短翌日から借り入れが可能!

あとは資金が必要になったときに、必要な金額を申込むだけです。
LENDYでの借入は最低10万円~最大500万円までです。

※LENDYのページには、正午までの申込であれば、当日中に融資が可能とも記載があります。

フリーランスや個人事業主の設備投資や急な資金繰りならば、十分な金額と言えるでしょう。

自分のビジネスがどのくらい評価されるのかを確かめてみるのもおもしろそうだね!

 

 

LENDYの審査について

申込が簡単とはいえ、やはり「融資」ですので審査はあります。
LENDYの審査条件は詳しく開示はなされていませんが、クレジットカードの与信審査などと似たようなものと思われます。

ひとつ明らかにされている条件としては、
借入をするには、
・業歴が半年以上の個人事業主、法人であること
は明記されています。
もちろん登録は可能となっているので、事業の拡大を視野に入れているのであれば、登録しておいて損はないでしょう。

 

LENDYの金利・使用料について

LENDYでの借入金利は年8.0%~18.0%です。
金利以外の手数料は一切発生しないので、借入するにもわかりやすいと言えます。

 

LENDYのセキュリティ

f:id:working_rev:20190128121617p:plain

LENDYはセキュリティ面でも安心。(参考:LENDYホームページより)

オンラインで融資というと、気になるのはセキュリティ面ではないでしょうか。

個人情報が漏れたら困る人が圧倒的に多いでしょう。

LENDYでは、

・全ての情報・通信を暗号化

・不正アクセス検知システムを導入

・第三者(外部専門家)による安全性の確認

・国際認証「TRUSTe」取得

とセキュリティ面もしっかりと整備されているようです。

 

これなら、借りる人にとっても安心ですね。

 

まとめ│LENDYはスモールビジネスを展開する事業成長を後押ししてくれる存在

自分自身でビジネスをしている人にとって、「資金」はとても大切なものです。

事業を継続して続けていくには「お金」の備えはとても大切です。

LENDYは個人事業主や・フリーランスなどスモールビジネスのオーナーの強い味方になってくれるサービスと言えるでしょう。 

LENDYのページを表示する

 

複業を始めるなら、

クラウドワークス

ランサーズ

スキルクラウド

ココナラ

この4つはまず登録しておいて間違いないです。

早めに登録しておきましょう。

 

たいが

 

プライバシーポリシー お問合せ
Copyright ©2018 working-rev.com